抱っこ紐で赤ちゃんの足がうっ血した場合た場合の対策法

抱っこ紐を使っていて、赤ちゃんの足がうっ血する場合があるようですね。
特に海外製品の抱っこ紐は大きめに作られているためうっ血が多いと言います。
一体どんな種類の抱っこ紐がうっ血を起こしやすいのでしょうか?
うっ血対策にはどんなものがあるのでしょうか。

特にママに大人気のエルゴという抱っこ紐ですが、エルゴを使っていて、赤ちゃんの足がうっ血するという悩みを持つママもすくなくありません。
エルゴで赤ちゃんの足が冷たい、うっ血している、そんな情報を注視にまとめてみましょう。

エルゴを使う場合、エルゴは海外製品なので、日本人体型より若干大き目に作られています。
そのため赤間のお尻が沈み過ぎ、足を開いてもエルゴの外に完全に出ない場合があります。
そのため足が圧迫され、めぐりが悪くなり、うっ血を起こします。
ですから、赤ちゃん時代、特に新生児の頃は新生児用のインサートを使い、赤ちゃんが沈み込まないように対策をして注意しましょう。
またインサートが不要になっても、付属クッションなどを入れ、お尻の位置を高くするのも対策の1つです。

抱っこ紐で足がうっ血する理由は様々ですが、最も大きな要因の1つには、足が圧迫されることで起こります。
クッションが見つからない場合、タオルを赤ちゃんのお尻の下に敷き、赤ちゃんの足が苦しくないよう位置を調節するのも大切なんですよ。

また有名どころで知られるベビービョルンの抱っこ紐も足がうっ血する赤ちゃんもいるようです。
縦抱っこやおんぶをすると足先が紫にうっ血している状態になっていることが多いようです。
このような抱っこ紐でのうっ血対策にはどのようにすれば良いのでしょうか?
まず血流が圧迫されていないことは分かっています。
健診で尋ねた所、問題はないようで、保温するよう対策をしましょう、と言われるようですね。
ベビービョルンの場合の対策としては赤ちゃんの足が冷たい時には靴下を履かせ、血液が足先に溜まることで紫になることも多いようです。
そんな場合の対策方法としては1番は血流が通っているか確かめること、そして抱っこ紐で足がうっ血していないか確かめることです。

また、ベビービョルンの抱っこ紐の場合、足がうっ血していないか対策をとるのなら、ベルト部分を調節しなおすと良いでしょう。
赤ちゃんの位置が上すぎても下すぎても使い勝手も悪いですし、足のうっ血に繋がります。

小さい頃の赤ちゃんの抱っこ紐での足がうっ血した際の対策は、足が抱っこ紐にあたる箇所にタオルを敷くなどして、圧迫を防ぎましょう。
またベルト調節も大切です。
赤ちゃんが抱っこ紐の中で揺れないように気を付けながら、しっかりした安定感を保持しつつ、足のうっ血対策をしましょう。
赤ちゃんは足がうっ血していても抱っこ紐を喜びますから、知らない間に足がうっ血している可能性も高いです。
そんな時はママが充分目を光らせて足の状態を確認するべきでしょう。
そして適切な対策を取ってみてくださいね。

【関連記事】⇒何故嫌がるの?赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がった時の対策は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする