何故嫌がるの?赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がった時の対策は?

抱っこ紐は赤ちゃんとお出かけする際のマストアイテムです。
また寝かし付けにも最適な抱っこ紐。
しかし抱っこ紐を嫌がる赤ちゃんも中にはいるようですよ。
赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がるのはどうしてなのでしょうか。
抱っこ紐を嫌がる場合、何か対策はあるのでしょうか?

抱っこ紐の多くは、ママと密着するタイプのものが多いです。
もしかすると赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がるのは密着度合いによって体温があがり、熱がこもってしまうせいかもしれません。
その場合の対策としては抱っこ紐にハンカチで包んだ保冷剤などを入れるようにして対策を立てましょう。

もしくは抱っこ紐を嫌がる赤ちゃんは、圧迫されて苦しいと訴えている可能性もあります。
この圧迫感が赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる原因になっている可能性も考えられます。
この場合の対策はどう立てれば良いのでしょうか?
特に縦抱っこの場合は密着感が高いので、圧迫度合いが苦しい赤ちゃんの場合は、スリングや横抱っこできる抱っこ紐に変えて対策をしてみましょう。

そもそも抱っこ紐の装着方法が間違っているという可能性もあります。
赤ちゃんの腕や足が正しい位置から出ていなかったり、抱っこ紐の中で窮屈な思いをしていると、赤ちゃんは苦しがって抱っこ紐を嫌がります。
そんな時にはママはもう一度取り扱い説明書を読んで、正しい装着の仕方をマスターするしか対策はありません。

また抱っこ紐が赤ちゃんに合っていない可能性もありますから、無理に赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこすると、余計に嫌がることもあります。
抱っこ紐が不快なものだと1度覚えると、赤ちゃんは2度と抱っこ紐で抱っこされるのを嫌がるでしょう。
抱っこ紐で抱っこした際に泣き止まない場合は、いったん抱っこ紐から降ろして、様子を見ましょう。

赤ちゃんの好みはそれぞれです。
赤ちゃんも個性があるので、横抱きが好きな赤ちゃんもいれば、最初から縦抱きが好きな赤ちゃんもいます。
新生児だからと言って、全ての赤ちゃんが横抱っこが好き、安心だとは限らないんですよ。
また抱っこの好みは赤ちゃんの気分次第です。
ゆらゆら揺らされるのがその時には一番良かったり、おんぶして欲しいと思う時もあるのでしょう。
赤ちゃんの好みの抱っこを見つけるために、ママも色々模索して対策を立ててみましょう。
赤ちゃんの好みの姿勢が見つかると、抱っこ紐を嫌がる赤ちゃんでも、スムーズに抱っこ紐で眠ってくれますし、泣き止ませるのも楽になります。
もちろんママの手も空きますから、簡単な家事などもできるようになりますね。

赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる理由はまだあります。
それは赤ちゃんがまだ眠くない時に抱っこされる時です。
まだ遊びたいのにゆらゆら抱っこ紐の中で揺らされると、赤ちゃんは機嫌を損ねてしまいます。
対策としてはベビーベッドの上で手足をくすぐったり、ベビーマッサージをするなど、軽い刺激を与えると、赤ちゃんもリラックスしてくれます。

このように赤ちゃんが抱っこ紐を嫌がる理由はそれぞれあるので、対策も様々です。
ママが抱っこ慣れしていないと赤ちゃんも不安になりますし、それで泣くこともあります。
抱っこは抱っこするたびに慣れてきますから問題はありませんが、抱っこ紐を嫌がる赤ちゃんは、赤ちゃんなりに理由があるようですね。
そんな赤ちゃんの機嫌をうかがいつつ、対策を練っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする