抱っこ紐のフードカバーは手作りできるのか

手作りの抱っこ紐のフードカバーは簡単に作れるのでしょうか?
元々フードカバーがついている抱っこ紐もありますが、実際他のママと差をつけたければ、オリジナルのフードカバーを作ってみたいものですね。

そんな抱っこ紐のフードカバーは簡単に手作りできるものなのでしょうか。
フートカバーの作り方をチェックしていきましょう。

まず簡単な抱っこ紐のフードカバーの手作り方法をご紹介します。
先に型紙を作ります。
透明な100均でも販売している固めのファイルを用いると良いでしょう。
折れたり曲がることもなく、柄の生地を扱う場合は透明なファイルは透けて見えるので大変便利です。

そして型紙を作りますが、型紙に合わせて計4枚の布地を作ります。
赤ちゃんの頭に沿うように丸みをつけて布を裁断していきましょう。
これを中表にして縫い合わせます。
2ペア作った所でアイロンをかけましょう。

そして角と下を3つ折りにして真ん中で縫い合わせます。1組はボタンホールなしで作りましょう。
2ペアを中表に合わせ、外側の布を縫い合わせます。
外側にゴムを入れ、端と端を縫い付けますが、この際ゴムが短いので引っ張りながら縫っていきます。
ゴムを挟みこんで横も縫い付けたら完成です。

初心者編でこれだけややこしいのですから、上級者ともなると余程抱っこ紐の手作りフードカバーは難しそうですね。
フードカバーは取り付けられているものが多いので、それで充分というママもいますが、こだわりのママは手作りするそうです。

上級者でも型紙は必要です。
上は28センチ、下は24センチ上斜めの部分は4センチで真ん中の縦は38センチ下の端は120度、角度は100度という設定で作ります。
型紙を作ったら、生地に書き写しましょう。
抱っこ紐のフードカバーは2枚、リボンを2枚用意します。

斜めの部分と下の部分を3つ折りにして縫い、ゴムを入れない人はそのまま縫っていきますが、ゴムを入れる人は真ん中を縫いましょう。
内側を縫い終われば外側を開き、中にゴムを入れます。
ゴムを挟んだらゴムの先だけを縫い、ゴムを縫い付けないよう閉じましょう。
下まで縫い終わったらゴム先だけを縫います。

本体に手作りのフードカバーを縫い付けたら、手作りのフードカバーの完成です。
抱っこ紐のフードカバーを手作りするのはなかなか大変です。
それでも他のママと多少違うフードカバーを作りたい、同じ抱っこ紐でも手作りのフードカバーさえ違えば、同じ抱っこ紐でも違って見えるのが不思議ですね。
手先の器用な人は手作りしてみると良いでしょう。
1度手作りしてしまえばコツを覚えることができますから、手作りのフードカバーもそれほど難しくなく作ることができますよ。
何度も繰り返して作ることが大切です。

抱っこ紐の手作りのフードカバーは世界でたった1つだけのものです。
その抱っこ紐も世界で1つだけの赤ちゃんのものになるでしょう。
自分だけの抱っこ紐を手作りするために、フードカバーを1度作ってみてはいかがですか?
最初は多少面倒臭い、難しいと思っていても、手作りしているうちに徐々にコツを覚えていきますから、手作りの楽しさも湧いてきます。

【関連記事】⇒抱っこ紐をしたまま授乳はできるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする